歯のホワイトニングの安全性

歯は人間にとってとても大切なものです。
歯がなければ固いものは何も食べることができませんし、噛むことをしなくなるので脳にも悪影響です。
歯を大切にしたいと思っていても、残念ながら虫歯や歯肉炎などの辛い症状が出てきてしまうこともあります。
歯の定期検診を歯科できちんと受けていくことが重要です。

 

審美歯科とは

審美歯科とは、虫歯や歯肉炎といった歯の病気だけを治すことだけが目的ではなく、歯の美しさを大切に考えた総合的な歯科医療のことです。
幼年期から老年期までその年齢によって歯の悩みは様々です。
年代に応じた的確な治療を行ない、健康で美しい歯を持ち続けていくことが大切です。
歯を白くすることはもちろんのことですが、美しい歯並びを作ることを大切にして、口腔内全体の清潔な環境作りを行ない、本来の健康的で美しい歯を目指しています。
そんな美を意識した治療法ですので、女性の方にとても人気があります。
ホワイトニングは、クリーニングをしても取ることができない歯の黄ばみを取り除くことができる治療法です。
歯を削らなくても治療することができますので、痛みや不快感を感じることなくリラックスして治療を受けることができます。

 

ホワイトニングには2種類の方法があります。

1つはホームホワイトニングです。
名前の通り、自宅でご自身で治療を行なうものです。
薬剤を1日1回1時間程度歯に着けるだけの簡単な作業です。
次に、オフィスホワイトニングです。
歯科医院で医師に薬剤を塗布してもらって、専用の機械で薬剤を活性化させ効果を高める方法です。
安全なレーザーを使用していますので、安心して利用することができます。

 

ホワイトニングの安全性は?

そんな魅力的なホワイトニングですが、安全性が一番気になるところです。
ホワイトニングに使う薬剤は過酸化水素を主成分にしたものが多いです。
たくさんの日本の大学で研究がされていますが、ホワイトニングの安全性は証明されています。
上手にホワイトニングを活用してきれいな歯を手に入れていきましょう。

 

レディホワイトのように自宅で毎日簡単に行うことのできるホワイトニング歯磨き粉を活用することでケアを継続することも可能です。

 

歯を白くする歯磨き粉はご自身の歯本来の色よりも白くなりませんが、自然な白さを取り戻すことができます。しかし、汚れが多い状態での使用は効果を実感できずに挫折や悔しい思いをすることもあります。一度歯科医でクリーニングを行い歯を綺麗にしてからレディホワイトのような歯を白くする歯磨き粉をお試しください。

 

口コミ、効果はこちらのページで紹介しています。

 

関連ページ

ホワイトニング前の注意点
レディホワイトのように自宅でカンタンに行えるホワイトニングもありますが、効果がでるまでに時間がかかる場合もあります。短期間で効果を実感するには審美歯科でホワイトニングをする方法があります。審美歯科でホワイトニングをする際の注意点を紹介します。
ホワイトニングにかかる期間
ホワイトニングの方法はいくつかあります。歯医者さんで行うもの、歯医者さんへ行き薬剤をもらい自宅で行うもの。そしてレディホワイトで自宅で行うものです。他にもべニアと呼ばれる板を歯に張り付ける方法もあります。ここではホワイトニング期間について紹介します。
ホワイトニングに必要な材料
レディホワイトのようにカンタンに自宅でホワイトニングを始められるものもあれば審美歯科早期にホワイトニング効果を出す方法もあります。ここでは、審美歯科で行うホワイトニングで使う材料について紹介します。