ホワイトニングに必要な材料

最近多くの人の間で人気が高まっているのが、ホワイトニングです。
とくに、自宅でカンタンにできるレディホワイトのようなホワイトニング歯磨き粉も人気がありますが、審美歯科で行うホワイトニングにもホワイトニング効果が高いことで話題になっています。

 

もちろん、一言でホワイトニングと言っても、その方法は一つだけではありません。
基本的には、歯科医院に行って行なうオフィスホワイトニングと、自宅で行なうホームホワイトニングの二つの種類に分けることができます。

 

オフィスホワイトニングで使用する材料

歯科医院で行なうオフィスホワイトニングでは、漂白効果を持つ薬剤を歯に塗り、そこにライトを当てるという方法で行なわれます。そうすることによって歯に着いた色素を分解して、歯を白くすることができるようになっています。このような歯科医院で行なわれるオフィスホワイトニングの施術を受けながら、自宅でもホームホワイトニングを行なうことができるでしょう。この二つの方法を上手に併用することによって、より高い効果が得られると言われています。

 

ホームホワイトニングで必要な材料

では、自宅でホームホワイトニングを行なおうと思う場合に、どのような材料が必要となるのでしょうか。審美歯科のホームホワイトニングに必要な材料はそれほど多くはありません。材料として、マウストレーとホワイトニングジェルを挙げることができます。まず自分の歯型を取って、マウストレーを作ることから始めましょう。このマウストレーの中にホワイトニングジェルを入れ、歯に装着します。非常に簡単に装着でき、手軽に行なえるという理由で、自宅でのホワイトニングを行なう人もたいへん多くなっていると言われています。最低でも二時間ほどは装着しておくことが必要であるため、仕事の休みの日や就寝前など、自分の都合に合わせて行なうことができるでしょう。もちろん、装着中は物を食べることはできないため、注意が必要です。

 

審美歯科のホームホワイトニングを行なうに当たって是非とも留意しておきたい点は、ホワイトニングをしたからと言ってすぐに歯が白くなるわけではないということです。
根気強く継続して行なうことによって白くすることができるのです。

 

白さを維持するためにホワイトニング歯磨き粉でケアするという方法もありますよ。詳しくはこちら

関連ページ

ホワイトニング前の注意点
レディホワイトのように自宅でカンタンに行えるホワイトニングもありますが、効果がでるまでに時間がかかる場合もあります。短期間で効果を実感するには審美歯科でホワイトニングをする方法があります。審美歯科でホワイトニングをする際の注意点を紹介します。
ホワイトニングにかかる期間
ホワイトニングの方法はいくつかあります。歯医者さんで行うもの、歯医者さんへ行き薬剤をもらい自宅で行うもの。そしてレディホワイトで自宅で行うものです。他にもべニアと呼ばれる板を歯に張り付ける方法もあります。ここではホワイトニング期間について紹介します。
審美歯科でのホワイトニングの安全性について
審美歯科で行うホワイトニング効果が高いので歯が痛くなったりしない不安になる方も多いと思います。審美歯科で行うホワイトニングの安全性について紹介します。