ホワイトニング前の注意点

審美歯科でホワイトニングを受ける場合は、事前に注意点を把握することが大切です。

 

ホワイトニングをする際に注意したい点

ホワイトニングは、集中的な施術を必要とするので、歯科治療中は適さないといえます。
また、実際に審美歯科に相談すると、綺麗に仕上がらない恐れあり、そう判断されるケースは珍しくありません。
歯科治療中に、ホワイトニングが断られる理由としては、歯の表面に塗る薬剤の影響が考えられます。
審美歯科が扱う、ホワイトニング用の薬剤は、歯の表面だけではなく、歯茎や口腔内全体に影響を与えます。
つまり、傷がついていたり、弱っている状態では、副作用が増加する恐れがあります。
審美歯科に相談を行うなら、治療を済ませてからの方が安全です。

 

現在進行中であるか、これから始めるかに関わらず、治療後にホワイトニングした方が、綺麗に仕上がる割合は高まります。

 

審美歯科でホワイトニングをする際の副作用、デメリット

一方では、歯の摩耗や神経の過敏な状態によって起こる、知覚過敏も気になる副作用の一つです。
審美歯科では、事前に詳しく状態も調べてから、ホワイトニングを行うか判断されます。
しかし、知覚過敏を発症していれば、治療に歯科クリニックの存在が必要です。

 

いずれにしても、歯の治療をしなければホワイトニングは難しいので、他の症状と一緒に治療を済ませることがおすすめです。

 

審美歯科でホワイトニングをする際の注意点まとめ

更に、過酸化水素の分解能力を保たない人や、エナメル質が不完全な場合は、治療自体が困難になります
体質的に問題がなくても、差し歯や入れ歯があると、元の歯とは違い漂白されず、歯の色が斑になってしまいます。
歯並びが良く健康体でも、妊婦や出産直後は安全が重視されるので、この状態の人も治療は避けた方が無難です。
審美歯科で治療の相談を行い、治療予定日が確定した時は、前日や直前にも注意点があります。
カレーライスやコーヒー、タバスコといった飲食物は、色素沈着しやすい物なので、これらは口にしない注意が重要です。
ホワイトニング後も審美歯科には、飲食上の注意があるので、治療前後では必ず説明を受け、気をつけることがポイントです。

 

ホワイトニングも自宅でカンタンにケアする歯を白くする歯磨き粉が人気です。詳しくはこちら

関連ページ

ホワイトニングにかかる期間
ホワイトニングの方法はいくつかあります。歯医者さんで行うもの、歯医者さんへ行き薬剤をもらい自宅で行うもの。そしてレディホワイトで自宅で行うものです。他にもべニアと呼ばれる板を歯に張り付ける方法もあります。ここではホワイトニング期間について紹介します。
ホワイトニングに必要な材料
レディホワイトのようにカンタンに自宅でホワイトニングを始められるものもあれば審美歯科早期にホワイトニング効果を出す方法もあります。ここでは、審美歯科で行うホワイトニングで使う材料について紹介します。
審美歯科でのホワイトニングの安全性について
審美歯科で行うホワイトニング効果が高いので歯が痛くなったりしない不安になる方も多いと思います。審美歯科で行うホワイトニングの安全性について紹介します。