ホワイトニングにかかる期間

歯のホワイトニングを行ってから歯がしっかりときれいに白くすることができるまでにかかる期間って大体どれぐらいかかるものなのでしょうか。

 

審美歯科治療で行われる治療には歯並びを直す歯列矯正と、歯の黄ばみを除去して綺麗な白い歯にするホワイトニングがあります。

 

一口にホワイトニングと言っても処置の方法により治療期間や方法が大きく違います。

 

ホワイトニングの治療法は2つ

ホワイトニング治療の方法は大きく分けて2種類あり、診療所で短時間の間に処置を行うオフィスホワイトニングと、帰宅してから歯型のプラスチックに内側に薬剤の入ったジェルを塗布して就寝時に装着するホームホワイトニングがあります。

 

ホワイトニングにはまず種類がありますしその種類によってもホワイトニングにかかる期間は異なってくるものなんですね。

 

ホームホワイトニング

まずはホームホワイトニングの場合ですね。ホームホワイトニングは歯が白くなるまでの期間には個人差があるんですね。ホワイトニングを行う前の歯の変色状態や原因などには人によって違いがあるのです。オフィスホワイトニングよりもホームホワイトニングの方が治療に必要な期間が長いという特徴があります。ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりも治療期間が長くて手間がかかりますが、毎日少しずつ歯の色を変化させるので周囲の人に見られても違和感がなく、自然な感じで白くすることができます。

 

 

オフィスホワイトニング

歯科医で行うホワイトニングであるオフィスホワイトニングの場合は通院が必要となります。またオフィスホワイトニングの中にもホワイトニングの種類があるものなのですが、そのオフィスホワイトニングの種類によってもかかる期間は違ってきます。オフィスホワイトニングでは一般的に薬剤が用いられますが、最近はレーザー光線やハロゲンランプ、LEDライトで処置を行う場合があります。1回の治療に必要な時間は30分〜1時間程度で、週1度程度のペースで1〜4回処置を行いますが、治療回数はどの程度白くするかによって前後します。

 

 

ホワイトニングにかかる期間

オフィスホワイトニングよりもホームホワイトニングの方が治療に必要な期間が長いという特徴があります。ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりも治療期間が長くて手間がかかりますが、毎日少しずつ歯の色を変化させるので周囲の人に見られても違和感がなく、自然な感じで白くすることができます。オフィスホワイトニングは手間がかからずにすぐに処置が完了しますが、治療に行く前後で歯の色が大きく変化するので周囲の人に気付かれる場合があります。いずれもホワイトニング治療後は少しずつ色の後戻りがあります。

 

オフィスホワイトニングでは治療後3〜10ヶ月程度、ホームホワイトニングでは治療終了後半年〜1年程度で色の変化を感じ始めることがあります。オフィスホワイトニングよりもホームホワイトニングの方が白さの持続性が長い傾向にあります。

 

 

毎日の歯磨き粉がわりに使うだけでホワイトニングが人気ですが、歯科医でホワイトニングをするよりも効果を実感するまでに時間がかかります。
一度歯医者でクリーニングをするとより歯の白さを維持しやすくなるのでおすすめです。

 

楽天、Amazonでは購入できないので公式サイトが一番安くお得で返金保証付きでお試しできます。レディホワイトの最安返金保証はこちらを参考にしてください

関連ページ

ホワイトニング前の注意点
レディホワイトのように自宅でカンタンに行えるホワイトニングもありますが、効果がでるまでに時間がかかる場合もあります。短期間で効果を実感するには審美歯科でホワイトニングをする方法があります。審美歯科でホワイトニングをする際の注意点を紹介します。
ホワイトニングに必要な材料
レディホワイトのようにカンタンに自宅でホワイトニングを始められるものもあれば審美歯科早期にホワイトニング効果を出す方法もあります。ここでは、審美歯科で行うホワイトニングで使う材料について紹介します。
審美歯科でのホワイトニングの安全性について
審美歯科で行うホワイトニング効果が高いので歯が痛くなったりしない不安になる方も多いと思います。審美歯科で行うホワイトニングの安全性について紹介します。