レディホワイトでホワイトニングをする前に〜タバコを吸っている方のホワイトニング

タバコを吸うと様々な人体に対する悪影響がありますが、口の中にも悪い影響は及ぶものです。
歯茎などが傷むことになり歯周病になってしまったり、口臭の原因になってしまうこともあります。
舌がタバコにやられて味覚が鈍感になってしまうということもありますし、舌癌になってしまうということもあります。
そして、美観の問題でも悪影響があり歯がヤニで黄ばんでしまうという大きなデメリットもあります。

 

タバコを止められないなら歯の黄ばみケアは必須

タバコを一本吸ったからといって、歯が真っ黄色になってしまうというわけではありませんが、何本何本も吸っていれば色は少しずつ歯に付着していきます。
気づいた時には歯が真っ黄色になってしまっていて、不潔や不健康そうに見える容姿になってしまうというのは決して珍しいものではないのです。
タバコを吸った後にこまめに歯磨きをするという人は少なく、寝る前に一服をしてそのまま寝てしまうということも多いものですから、余計に歯は黄ばみやすくなってしまいます。

 

レディホワイトでホワイトニングをする前にまずキレイにする方法

レディホワイトで黄ばんだ歯をキレイにするのも一つの手ですが、効果を実感できるまでにないが時間がかかります。

 

黄ばんだ歯を綺麗にする方法はいくつかありますが、まず確実な方法としては禁煙をすることになります。

 

禁煙をしなければ原因が残ったままとなってしまいますから、いつまでたっても歯が黄ばんだままとなってしまって意味がありませんからまずは禁煙をしなければいけません。

 

タバコをやめて丁寧に歯磨きをすれば、
少しずつ色を落とすこともできますが効率的に綺麗にするのであれば歯医者でホワイトニングをしてもらうのが良いでしょう。

 

ホワイトニングをするメリットというのは綺麗に歯を白くしてもらうことができる他、着色汚れを落とすことによって虫歯予防にもつなげることができます。
着色汚れ自体が虫歯の直接的な原因とならなくても、汚れが付着しやすくなりそこから虫歯に発展しやすくなることを考えると、歯医者で綺麗にしてもらうのが一番効率よくそして歯の健康にも良い方法となっています。
見た目を気にする人もしない人も喫煙による歯の悪影響は大きいので、ホワイトニングをしてみるとよいでしょう。

 

歯医者でホワイトニングをした後もケアは必要になります。ホワイトニングはケアしないと再度着色してしまうのです。

 

レディホワイトを検討されていたらぜひホワイトニング後のケアにお試しください。
レディホワイトの詳しい効果はこちらで紹介しています。